東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク

レンタル&着付けサービスで"浴衣"を楽しもう!


写真

「夏だから一度くらい浴衣を着てお出かけしたい!」
「会社同僚とのビアガーデン飲み会に浴衣着ていって驚かせたい」

なんて思いつつ、ワンシーズンに何回着る機会があるか考えると、浴衣購入にはちょっと躊躇するという方も多いでしょう。また自分でちゃんと着付けできるか不安も。

そんな時に便利なのが、浴衣レンタルと着付けサービスを一緒にやっているサロン。
都内18店舗で浴衣サービスを提供する「アトリエはるか」にお伺いし取材してきました。

写真
●アトリエはるか「浴衣レンタル&ヘアメイク」




浴衣レンタルは4,000円(税別)~

写真

まず料金について教えてください

浴衣レンタルサービスには、4,000円・5,000円・7,000円・10,000円(すべて税別)の4種類のセットがあります。どれもレンタル期間は2泊3日で、浴衣の他に帯・下駄・巾着、あと着付けに必要な紐などすべてをこちらでご用意します(肌襦袢以外)。

今年新たに始める1万円の浴衣は、著名人がデザインしたもので、取り扱いは一部店舗のみとなります。

ご利用が多いのは5,000円と7,000円のセット。浴衣の違いの他、7,000円のセットではかごバッグが選べるようになり人気です。

着付けは4,000円(税別)ですが、浴衣レンタルとセットの場合1,000円OFFとなります。
さらにヘアセットとフルメイクを一緒にお申込みいただくことも可能です。

写真
●アトリエはるか公式サイト

■4,000円の浴衣セットをレンタルする場合(すべて税別)

浴衣レンタル4,000円
浴衣レンタル+着付け7,000円
浴衣レンタル+着付け+ヘアセット9,800円

レンタルした浴衣にシミが付いてしまった場合の免責補償を税別400円でつけることもできます。人混みなどだと気付かないところで汚れてしまうこともありますよね。この免責補償があれば花火大会やビアガーデンなどでも安心して着ていけると思います。



都内駅近に店舗多数/2泊3日レンタルだから安心

都内だとお店はどんなところにあるのでしょうか

現在、関東エリアで26店舗、東京都内では18店舗で浴衣サービスを実施しています(一部着付けのみ)。ターミナル駅直結の商業施設内にある店舗が大半なので、会社帰りなどでのご利用にも便利です。

●対応店舗一覧(アトリエはるか公式サイト)

写真

例えば東京駅の八重洲地下街やルミネ新宿、渋谷マークシティ内にも店舗があります。
ルミネ新宿店などは夜22時まで営業していますので、洋服や荷物を駅のコインロッカーに入れておいて、花火大会が終わった後着替えてその日のうちに返却してしまうこともできるでしょう。

レンタル期間は2泊3日ですので、もちろん急いで返却する必要はありません。仮に翌日が都合悪くても、翌々日に返却することができるので時間にゆとりもあります。



選べる色・柄も豊富!一週間お取り置きもOK

浴衣の種類はどのくらい?

店舗によって置いてあるレンタル浴衣の色や柄は異なり数も違いますが、50点くらい用意してある店舗もあります。一週間前からお取り置きが可能なので、事前に店舗で実物を見て、着たい着物を選んで確保しておくこともできます(別料金1,080円必要)。

写真

色や柄はたくさんご用意しております。
白地や紺、古典柄などが人気で、あとパステル系などを選ぶお客様もいらっしゃいます。実際、浴衣の色や柄の好みはかなり幅広いので、どの店舗にも偏りがでないよう、バランスよく用意するようにしています。



メイクとヘアセットもまとめて

写真

メイクとヘアが本来メインのお店ですよね

はい。なので着付けと一緒にメイク・ヘアセットまでご利用されるお客様が多いです。ヘアメイク専門店ならではの技術で、浴衣に合わせたヘアメイクを提供させていただきます。

髪飾りはご自身で好きなものをお持ちいただいてもいいですし、店舗でも販売していますので、それをご購入いただくこともできます。



自分の浴衣があるなら着付けサービスのみの利用も

着付けサービスのみの利用も可能?

既に浴衣をお持ちの方であれば、持ち込んでいただき着付けサービスだけをご利用いただくこともできます。着付けサービスは4,000円(税別)ですが、フルメイクとヘアセットも一緒にお申込みの場合、着付代金は1,000円OFFとなります。

浴衣を着物風に着こなしたいということで、足袋を履いたりご自身で帯締めを持ってきたりという方もいらっしゃいます。
帯の結び方は5パターンほどあり、来店時に写真を見て決めてもらっています。文庫結びが崩れにくいということもあり選ぶ方多いですが、少しアレンジしたり、男性がされる貝の口を希望する方も。

着付けの所要時間は、土日祝日だと1時間ほど見ていただいたほうがいいでしょう。平日で空いている時であれば3~40分程ですが、基本的には余裕を見てスケジュールたてていただいたほうが安全です。

写真



花火大会の予約はお早めに

どのくらい前に予約しておくべきでしょうか

隅田川花火大会や江戸川花火大会など、大きな花火大会の当日は早くに予約で埋まってしまうことも多いです。いつまでにというのは難しいのですが、二か月先まで予約可能なので、予定が決まっているならなるべく早めのご予約をおススメします。

浴衣のレンタルサービスが本格的にスタートするのは7月1日です。
対応店舗にご来店いただければ、店内にレンタル浴衣を飾ってありますので、自由に見ていただくことができます。

会社帰りにちょっとお立ち寄りいただき、着てみたい浴衣があるかどうかぜひ一度ご覧ください。浴衣はきっと、普段と違う魅力を引き出してくれると思いますよ。

写真

今回お話を伺ったサロン事業部の佐々木いずみさん(右)と浴衣着付けモデルしてくださった広報・PRの吉良唯さん(左)。ありがとうございました。

写真
●アトリエはるか「浴衣レンタル&ヘアメイク」

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧