東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

天空のビアガーデン「Terrasse」(東京サンケイビル)

写真

東京サンケイビルの4Fテラスで開催されている天空のビアガーデン「Terrasse」が、7月1日からLCCバニラエアとのコラボで「リゾート」モードに!それに先立って行われた内覧会にご招待いただき行ってきた。

●場所:天空のビアガーデン「Terrasse」(東京サンケイビル)
●日時:2014年6月27日(金)16:00~

レジャー・リゾート路線のLCCバニラエアが2014年7月1日(火)~8月31日(日)の2か月間「天空のビアガーデンTerrasse」とコラボレーションします。 コラボレーションのキーワードは「日常の中の非日常」。多くの方にとって、リゾートへの旅は都会の喧騒や忙しい日常でたまりがちな疲れから解き放たれる非日常な時間です。そこで大都会の中で気軽にリラックスした気分を味わえる、夏の風物詩ビアガーデンとタッグを組み、ご来場されたお客様に夏のご旅行よりも一足早く"リゾート"をご体感いただける空間をご用意しました。

●サンケイ会館 : 天空ビアガーデンTerrasseをバニラエアが2か月間ジャック

写真

入口は三階で、そこから階段を上って四階のテラスにあがる。
実はこの途中階段からすでに「コラボ」が始まっている。

写真

・・・といっても、客室乗務員のお姉さんが立っているということではない(これは内覧会だったため)。階段途中の踊り場には、飛行機のコックピットのイラスト。

写真

そして階段途中には、飛行機の窓をイメージしたイラストボードが。

バニラエアは、エアアジアと全日空が提携解消した後にエアアジア・ジャパンが社名変更した格安航空会社(LCC)。エアアジア時代に沖縄・九州・札幌と国内三路線乗ったことあるが、本当にお得な料金で旅行ができ、かつ余計なサービスはなく、有料の機内食もいろいろ選べて非常にいい。

●バニラエア公式サイト

7月1日からは成田~奄美大島線も就航させた。
他に海外では台北とソウルに飛ばしている。

写真 写真

この内覧会には、バニラエア代表取締役社長の石井氏もいらして挨拶をしていた。
天空のビアガーデン「Terrasse」のメニューも紹介。

料金は消費税込の3,990円で、リゾートプレートセット+2時間の飲み放題となっている。今年のテーマは「ラテンリゾート」なので、全体的に肉が多くがっつり系だ。

写真

スパイシーでビールにも合う。
ソースと塩が用意されているので好みでかけていただく。

写真

美味しい♪

写真

いつも用意されているものかどうか不明だが、使い捨てのビニール手袋もいただき、がぶっと豪快に!

写真

席は全部で120席。
柵は床まで全面ガラスなので、外の風景もよく見える。

写真

4人がけの丸テーブルもあれば、6人で座れる木製のテーブル&チェアも。

写真

ところで最初に渡されたこの使い捨て前掛け。
開いてびっくりなのだが・・・

写真

なんとビキニ柄!

写真

マッチョな胸毛男性版もある。
実際に着けてみるとなかなか楽しいことになる。

写真

こんな感じ。

写真

飲み放題のドリンクは、ビールの他・・・

写真

サワーもいろいろ。
一種類だけでなく、二種類・三種類の味を混ぜてみるのもいいとのことなので、担当のスタッフの方にお勧め聞いて作ってもらうといいだろう。

写真 写真

マテ茶も。

写真

外は丸の内の高層ビル街。
夜景も見事な場所だ。

屋根はあるので、突然の雨でも大丈夫。
梅雨明けてしまうとかなり込み合うと思うので、早めに行ってみたほうがいいだろう。

写真 写真

ちなみに柵沿いに置かれた植物も、海の中の海藻をイメージしているのだとか。
これは言われなかったら気づかなかったなあ。

行く機会があったらぜひ他の人に「うんちくネタ」として披露してみてください。

●天空のビアガーデン「Terrasse」(東京サンケイビル)の詳細はこちら

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧