東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

[新橋] 汐留ガーデン

写真港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1号館屋上
03-3574-6409
公式サイト

【場所】JR新橋駅徒歩2分(地下直結)
【営業時間】17:00~23:00(日定休)
【席数】250席
【フロア】?階
【期間】2008/6/13~
【飲み放題】×
【中ジョッキ】750円
【枝豆】620円
【その他】ショータイムは1日3~4回
サラリーマンの街「新橋」駅前にある汐留ガーデンは、やはり期待を裏切らない。2004年版のちらしには「エロティックショーとイリュージョンを楽しみながらバーベキュー!」と書かれており、今年2008年の公式サイトには「ビールとエンタな夏のサーカス 大人の夜の遊園地が帰ってきた!!」とある。
ややうらぶれ感もあるポリネシアン(?)な飾りつけがされた会場の向こうには、汐留の高層ビル群がそびえたち、見上げる夜景は見事。前方には舞台が備え付けられていて、一日3~4回のショータイムがある。例年はダンスやマジックなどのショーのほか、東欧・ロシア系の金髪美女ダンサーが踊りながらとっぷれすになり、フロアに下りてきてのお楽しみチップタイムショー(?)がある。2008年は、ムチ片手にした「女王様」が進行役のようになってのショーが繰り広げられていた。特に料理がおいしいとかはないものの、普段とは違う盛り上がりが期待でき、男性だけでなく女性も結構楽しめるビアガーデンだ。

▼関連記事

汐留ガーデン(ビアガーデン)(東京食べ歩きレポート)


▼行ってきました!レポート(2008.07.18)



写真

場所は汐留。

・・・じゃないよなあ。どう見ても手前の“新橋”だよなあと。

近代的な汐留の高層ビル群を背後に従えた、見事にレトロな新橋駅前ビル1号館の屋上に、噂の「汐留ガーデン」はある。

写真

新橋を訪れた人なら行ったことある人もいると思うが、地下一階に、これまたちょっとタイムスリップした雰囲気の飲み屋が詰まっていて、なぜか5時過ぎから、典型的なスーツ姿のサラリーマンが焼酎とか飲んでいるそんなビルだ。

写真

そして、初めて来ると一瞬躊躇しそうな、どこか寂れた感もある屋上の通路を回りこんでいくと、

写真

頭上には汐留高層ビル群!!!

写真

目の前には、日没前から結構にぎわっているビアガーデン。

写真

年季が入っているように感じてしまう最大の理由は、パラソルや、ループが、見事なまでに日焼けして穴とか開いちゃっているせいかな。

写真

毎年思うんだけど、このオレンジ色に輝くヤシの木も、怪しさがあっていい感じ。

写真

残念ながら飲み放題はなく、750円にしてはちょっと小さく思える中ジョッキとピッチャーだ。
ビールはアサヒスーパードライ。

写真

食べ物も、特別なものはあまりなく、
塩気をほとんど感じなかった枝豆が620円、冷奴が700円と総じて高め。

あとはバーベキューセットがあり、テーブルの上に鉄板もおかれているので、それを頼んでいるグループがほんど。

写真

まずは乾杯~!
この日は「ビアガーデンオフ会」ということで、なんと18名もの人が集まった。

近くの会社に勤めている人も2名ほどいたが、ほとんどの人が汐留ガーデン初めてということで、ショータイムに期待大!

写真

と、早くも会場内を横切って舞台に上ったのは、ムチ片手の女王様。

おいおい、今年はエロティックショーじゃなくて、SMショーになっちゃったのか???

写真

なんてドヨメイテいたら、ちょっとプニっとした感じのかわいい女の子が登場して、「アゲ♂アゲ♂」の振付のレッスン開始。そして・・・

写真

舞台にひっぱりあげられたおじさん二人を従えて、ノリノリダンス。
おじさん満顔の笑みで元気に踊ってて、かわいかった~!

写真

そんな感じで、ゆっくり飲んだり食べたりする暇もないんだけど、バーベキューが登場していたので、焼ながらビールをあおる。暑さのせいか、いつも以上にビールが進んだ気がした。

写真

と、ここで主役登場。
パネラと・・・もう一人名前忘れちゃったけど、黒髪で妖艶な豊満美女と、金髪でスレンダーな美女の二人。

空いている真ん中のテーブルの飛び乗って、くねくね踊りだす。

いやー、まだ客もそんなに酔っ払ってない時間帯なもんで、ちょっと不思議な空気だ。

写真

そして、舞台の上ではおっていたピンクのシャツとブラジャーをはずし、黒いパンツも脱いでヒモパンになると、さっくり舞台から下に降りてきた。

写真

前に来た時は、結構舞台の上で踊っていた気がするんだけど、
今はチップタイム中心なのかな?

写真

その時気づいたんだけど、
隣のテーブルの外人男性ばっかりのグループ、なぜか全員おそろいのサングラス。もしかして・・・もしかして・・・

写真

「エルヴィス・プレスリーだよ」

やっぱそうか!

写真

再びさっきのプニっとした女の子が登場して、今度はさらに多くのお客さんを舞台の上にあげて、みんなでダンス。

まだ8時ちょっとすぎとは思えない盛り上がりようだ。
高層ビルのガラス越しに見降ろして、「そっか、今日は金曜日だっけ・・・」とか溜息ついてる残業組もいるんだろう。

写真

そして、気づいたらあっという間に第二部(もしくは第三部)のショーが始まった。

写真

口に1000円札加えていると好きなほう1人によるパフパフサービス。
2000円だと、両側からサンドイッチでパフパフ。


そして5000円のスペシャルサービスは!!!


ということで、舞台上でデモンストレーション。最後は馬乗りになってました。
5000円も払って、舞台上で見世物になって写真撮られまくられたい人なんていないだろう・・・と思いつつ、結構、会社の同僚グループできていてお酒がまわっちゃうと、みんなでお金だして、強引に部長とか、新入社員とかをやらせちゃうとかありそうだよなあ・・・。

写真

自分たちのグループでは、女性のMさんが自ら「やりたい」と立候補しての1000円パフパフ。

そこに飛んで火にいる・・・じゃないんだけど、
遅れてやってきた男性友人がやってきた。

ビールも注がずに、いきなり1000円札をくわえさせられ・・・

写真


「かけつけパフパフ」


写真

・・・。

写真

Mさんも。
なぜかすごくうれしそう。。。

写真

写真

写真

かな~い長い時間、こんな状態。

写真

かなり飲んだ気がしたので、会計がびくびくものだったが(確かショーチャージ1000円もかかる)、意外に食べ物が少なく抑えられていたようで、1人6000円ですんだ。

写真

いつもとちょっと違うビアガーデンを楽しみたい方、
「まだビアガーデン未体験なんですよ!今度連れて行ってください!」なんていう、かわいい後輩がいる方、

ここ、おススメです。

写真

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧