東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR
東京温泉
東京都内にもたくさんの日帰り温泉があります。週末や会社帰りに立ち寄ってみませんか?
東京かき小屋
冬の旬の味といえば「牡蠣」。都内&近郊の牡蠣小屋で栄養価満点の美味しい牡蠣を食べに!

札幌ビアガーデン(7)KIRIN一番スクエア

写真

今回訪れたビアガーデンの中で最も盛り上がっていたのが「KIRIN一番スクエア」写真

なぜここだけ、異常に盛りがってるの?

理由はやっぱり「びっくりタワーピッチャー」だと思う。

写真 写真

これ見たら、他の場所で飲んでいた人も「次はあのピッチャーで飲もうぜ」になるもんな。

写真

芝生のところが特に壮観なんだけど、テーブル席だってすごい!

写真

値段は、4Lで4,300円、6Lで6,500円。
中ジョッキ1杯が500mlとして、6Lのびっくりタワーピッチャーを買うと、15杯分だ。

写真

・・・なあんてことを話しているらしいグループ。
この人たち、椅子の上に立ったまま、びっくりタワーと背比べしたり、乾杯したりと、かなり長い間盛り上がっていた。

びっくりタワーピッチャーは、絶対にそこに存在するだけで場を楽しくしてくれるんだと思う。


+++


そういえばよく、ピッチャーのほうが「割安」と思っている人がいるが必ずしもそうではない。

■キリン一番絞り(KIRIN一番スクエア)
中ジョッキ0.5L500円100mlあたり100.0円
大ジョッキ0.8L800円100mlあたり100.0円
ピッチャー4L4.0L4,300円100mlあたり107.5円
ピッチャー6L6.0L6,500円100mlあたり108.3円


あと、家で飲み会とかする時に、2Lとか3Lとかのミニ樽を買うと割高になる。

■アサヒスーパードライ(酒舗藤原
350ml缶×1本350ml228円100mlあたり65.1円
350ml缶×6本2.1L1,323円100mlあたり63.0円
350ml缶×24本8.4L5,040円100mlあたり60.0円
ミニ樽アルミ2L2.0L1,418円100mlあたり70.9円
ミニ樽アルミ3L3.0L2,048円100mlあたり68.2円


写真

もちろん、いちいち注文しにいかなくていいという点、ピッチャーは便利だ。
まあ、暑い日だったので、すぐぬるくなっちゃうけどね、これだと・・・。

写真

ビールが、なにやらお洒落なポール状のライトのようにも見えてくる。
柱が透明のガラスでできていて、中にビールがナミナミと入っている「ビアサーバ柱」とかあったら面白いのになあ(温度管理付で)。

こんな愉快な「びっくりタワーピッチャー」だけど・・・


裏方はかなり大変です!!!


同じビアガーデンバイトするなら、札幌ドイツ村か国際ビール広場、せめてサントリー・アサヒがよさそげだ。

写真

次々注文が入って、フル回転状態の「びっくりタワーピッチャー」。
空いた容器を厨房内に戻すのだって、なんか大変そう。。。

写真

中の作業は見えないけど、洗うのだって一苦労だろう。

写真

もちろん、注ぐのだって。
すごいよなあ・・・。

しかもこれ、静止画だとちょっと伝わないかもしれないけど、もはや「戦場」状態なんです。

次から次に「4L!」「6Lふたつ!」などのオーダーの声が飛び込み、必死にまわしていた。

写真 写真

まあ、でも重たいガラスのジョッキを6つ運ぶことを考えたら、細長くて軽い素材のこっちのほうが楽なのかな?人にトレイぶつけてこぼしてしまう危険性もないし。

写真

つわものは、びっくりタワーピッチャーの他に、さらにジョッキを運んでいた。

写真

頭に派手な宣伝ボードつけて歩き回っていたスタッフも。
気合入ってるなあ。

写真

今回の札幌ビアガーデンツアーの中で、最もインパクトあったのはやはり、芝生からニョキニョキと「びっくりタワーピッチャー」が生えていた風景だ。


+++


以上で、札幌ビアガーデンはしごツアーのレポートは終了。
札幌でお世話になった多くの方に感謝!

いつか東京でも、ビアガーデンオフ会やろっと♪