東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

札幌ビアガーデン(1)赤れんがテラス&ビアガーデン

写真

7月23日から26日まで北海道を訪れていた。

最大の目的は、札幌の夏の風物詩「大通納涼ガーデン」。あの大きな大通公園一面が巨大なビアガーデンになるという・・・東京ビアガーデン情報館えだまめとしては、生きているうちに一度は訪れておきたい場所だ!!! ≪旅程≫

■7月23日(月)ANA053 羽田発8:00─千歳着9:35
富良野・美瑛観光(ふらのワイン工場)&旭川泊
■7月24日(火)富良野・美瑛観光
17:30 北海道組に合流
・北海道庁旧本庁舎のビアガーデン
・大通り公園ビアガーデン(アサヒ・サントリー)
■7月25日(水)余市観光(ニッカウィスキー余市蒸留所)
17:00 北海道組に合流
・北海道大学緑のビアガーデン
・大通公園ビアガーデン(キリン・サッポロ・ドイツ・世界)
■7月26日(木)札幌市内観光
ANA066 千歳発14:30─羽田着16:00


ワイナリー見学した富良野、ビールの原料が黄金色に波打つ畑がきれいだった美瑛、そして昼間っからシングルモルト飲んでいた余市と、レポートしたいことたくさんなのだが、まずはビアガーデンレポートから。

写真

夕方5時半。
一日かなり暑く、こりゃビアガーデン日和だよ!と向かったのは、北海道庁旧本庁舎「赤れんが庁舎」。

●ようこそ赤れんが庁舎

↑上の写真の左端のほうに、背中を丸めてしゃがんでいる白いシャツの人影。

写真

・・・が、札幌市内在住の友人。
いったい何をしているのかというと・・・

写真

携帯でペット(?)撮影中。
まったくブロガーな人ってば・・・。

写真

ビアガーデン会場は、赤レンガ庁舎の目の前の、池に隣接した公園の一角。
昼の11時から夜21時まで運営しているようだが、この時は、2~3割くらいが埋まっている感じだった。

写真

セルフ方式で、
通りに面したほうに、飲み物や食べ物をとってくる場所がある。

写真

メニューボードの前に、他の北海道組の方々発見!
・・・といっても、全員会うのは今回が初めて。オンラインでしか知らない人たちだ。こういうのも面白いなあと改めて。

写真

写真

ビアガーデンの名前は「赤レンガテラス&ビアガーデン」。
生ビール中ジョッキ550円の他、地ビール2種類。

料理も300円から450円とお手頃で嬉しい。

写真

地ビールも2種類あって、
ヴァイツエンとスタウト(黒ビール)。

●北海道ビール ピリカワッカ

↑ブログによると、アイヌ語で「ピリカ」=きれいな「ワッカ」=水という意味だそうな。

写真

「何食べる?」
「チケット買ってあるから・・・」

ビアガーデンはしごツアーの第一弾オーダーということで、しばし悩む一行。

写真

ちょい面白かったのが枝豆。
なぜか、皮がむいてある。

正直なところ・・・ちょっと食べにくかったんだけど。。。

写真

さて、どこに陣取ろうか?
さほど広くない敷地なんだけど、木がたくさん生えていて、地面はもちろん土で、斜めに差し込む夕日もいい感じ。

写真

池の近くでは、鴨もてくてく歩いている。

写真

丸テーブルを2つくっつけて席確保。
後に、だんだん増えてくるんだけど、この時点のメンバーは男性3名女性3名の合計6名。

あ、合コンみたいじゃんという話もあったが、ある男性によると「“女子”はいない」とのこと。ぶーぶー。

写真

これが「生ビール・おつまみ共通チケット」。
これを買っておくと、550円のビールが500円で買える。

写真

最初の一杯目。

写真

かんぱ~い。
まじでおいしかった。

やっぱり、夏はビール!

写真

自分達がやってきてから30分もすると、人がかなり集まってきた。
会社帰りに立ち寄る人たちが多いのだろう。

場所柄か、あまりうるさくなく、静かにゆっくり飲んでいるグループが多いようだ。
あまり賑やか過ぎる場所は苦手・・・という人には、大通公園よりこっちのほうがおすすめかも。

写真

これは、豚でご飯を包んだ「豚むす(300円)」。
ちょっと食べにくかったけど、おいしかった。

写真

赤レンガ庁舎の全景もぱちり。

写真

女性だけのグループも結構きていた。
早い時間なら、赤レンガ庁舎観光の帰りに、軽く一杯&つまみちょっと・・・なんてのもよさそげ。

写真

さて、夜はまだまだこれから・・・な自分達だが、ビールのピッチはかなり早い。
二杯目は、地ビールにしてみた。

写真

6杯分まとめてもってこれるこのトレーは便利♪

写真

品のいいほろ苦さで、とても飲みやすい黒ビールだった。

写真

なぜか迷彩柄のバッグから箱ティッシュをとりだす男性メンバー。

「なんで箱ティッシュなの~!?」
「普通だよ」
「うっそー」

でも、後々のビアガーデンまわりで、この箱ティッシュは結構活躍してくれていた。

写真

6時半をまわり、だんだんとあたりも暗くなってきて、ビアガーデン夜の部が始まりそうな頃・・・

写真

「そろそろ行きますか!」

写真

と立ち上がった自分達は、次の目標地である大通り公園に向かった。

写真

◎おまけ写真:2日後に札幌駅に向かう途中に撮影した、外から見たビアガーデン。


>続く

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田