東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR
東京温泉
東京都内にもたくさんの日帰り温泉があります。週末や会社帰りに立ち寄ってみませんか?
東京かき小屋
冬の旬の味といえば「牡蠣」。都内&近郊の牡蠣小屋で栄養価満点の美味しい牡蠣を食べに!

[番外編]Dynamic Kitchen & BAR 響 お台場店

写真気持ちよい風に吹かれ、夜景を楽しみながら、おいしいビールを飲める場所、ビアガーデン」以外にもたくさんある。

特にベイエリアのテラス席があるお店。お台場アクアシティ内にある「響」もそのひとつだ。 ●Dynamic Kitchen & BAR 響 お台場店
●東京グルメ 居酒屋訪問記:レインボーブリッジの夜景が見えるダイニングバー 響 お台場店

写真

海側の窓ガラスが広いので、店内からでもお台場の夜景を満喫できるが、これからのシーズンはやはり「テラス席」で風に吹かれたいもの。人気スポットなので、予約していったほうが安全。

ちなみに自分たち、たまたま近くでイベントがあった後「響でも行こうか」ということで流れたんだけど、偶然テラス席の一番端のテーブル席がぽっかり空いていた。

ラッキー♪

写真

予想以上の見事な夜景に全員びっくり。
実は、近くで写真撮影講座があった帰りだったので三脚もあり、お店の人に断って写真を撮りまくる一行。

写真

まずは、ザ・プレミアム・モルツで乾杯!
夜景に乾杯!

シチュエーションでビールの味は変わる。
あまりにおいしくて、ごくごく一瞬でなくなってしまった。

写真

写真撮影講座帰りな割にはぼけぼけ写真だが、コロッケ。
響は、新宿や銀座、丸の内など何箇所か行ったことあるが、何を食べてもはずれがない。

写真

こちらは「狼トマト」。
名前にひかれて注文してしまった。

甘いけど、野性味も強いという説明だったが、うん。まさに!
トマト本来の生々しく(?)濃厚な味だ。

写真

ビールがどんどん進みます。
他の人は、一眼レフや高感度カメラで、かなりきれいな夜景写真を撮りまくっていたが、自分のカメラだと、いろいろ調整してもやはりちょっと暗くなってしまう(まあ、腕の違いが大きいんだけど)。今年のビアガーデンまわりに備えて、そろそろデジカメを買い替えようか・・・悩むなあ。

写真

新じゃが。
今回はあまり食べ物は頼まなかった。

夜景を見ながらビールを飲んでいるだけで、満たされた時間が過ぎてゆく。

もしかしたら、屋内の居酒屋などで飲む時より、ビアガーデンやこういう場所のほうが、食べ物少なめかもしれない。

写真

せっかくウィスキーもいろいろあるお店なので、ここでビール中断。響を頼んだ。

写真

写真

ひとつ前のイベントで食べそびれて残念な思いをしていたししゃも。
脂たっぷりでジューシー。

写真

最後は、白いご飯。
といっても、ただものではない。かなり早い段階でこれだけラストオーダーと言われ、頼んでおいたものだ。


〆はコレ!
新潟県中魚沼郡津南町 こしひかり石釜炊き 950円


注文しておいて正解だった!
最後、スープのようなものがよそられた。

石釜にお湯を入れてしばらくおき、まわりに少し焦げ付いた部分などふやかした状態になったもの。
最後の締めにぴったりで、やや飲みすぎた胃もすっきりした。

写真

その後も、みんなでまったり。

写真

東京のベイエリアの夜景は最高だ。

写真

よく見ると、ぽっかり上弦の月。
(ん? 方角的に見て上弦でいいんだよな?)

写真

さらにまわりを見回すと、なんと自分たち以外は、室内に1組になっていた。
時間が経つのも忘れて、まったりしてしまっていたようだ。

それにしても居心地のいい場所。

写真

夕暮れ時などもよさそげだし、ランチも営業しているというのでお昼も来てみたい。