東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR
東京温泉
東京都内にもたくさんの日帰り温泉があります。週末や会社帰りに立ち寄ってみませんか?
東京かき小屋
冬の旬の味といえば「牡蠣」。都内&近郊の牡蠣小屋で栄養価満点の美味しい牡蠣を食べに!

ザ・プレミアム・モルツの「缶シェイク方式」

写真以前、別ブログに書いた記事の再掲。

ホテルや庭園など、ちょっと高級なビアガーデンだと、でてくるビールもおいしい。ジョッキもよく冷えていて、泡もきめ細かく。


「自宅でも、熟練店員が注いだ、おいしい泡のビールを飲みたい」

という方のために、以前教えてもらった「缶シェイク方式」をご紹介しよう。

ちなみにこの技、缶のプルタブの形が細長くないとできない。最近のザ・プレミアム・モルツ缶は変わってしまっている可能性もあるのだが、その場合は、きれいによく洗って乾かしたペットボトルを使って同じようなことができるそうな。

「缶振り」とか「缶シェイク方式」とか言われるその技、一体どんなものだったのかというと・・・(実演しているのは、“缶振り師”Mさんです)

写真

まず、缶のプルタブを開けるんですね。

写真

・・・かと思ったら途中でやめ、なぜかシールをはがしています。
こだわりがあるのでしょうか。

写真

そしてハンカチを取り出すと上部を丁寧に拭いて・・・

写真

プルタブを持ち上げ、缶を開けました。
開けたプルタブは、ぐるりとまわして、缶から完全にはずします。

写真

さあ、ここからが本番。
両手でしっかりと缶をつかみ、親指で飲み口を隙間なく押さえ込み・・・

???

ちょっと待ってください、先生!
それって、中身100%入ってますよぉ!!!

写真

ああ、びっくり。

手順をひとつ飛ばしていたようです。
そりゃまあ、いきなり正面からビデオ撮影とかされたら調子狂いますよね。
(究極の荒業が飛び出すのかと思った・・・)

グラスを傾け、泡を立てないよう静かに注ぎます。

写真

ゆっくりゆっくり。

写真

缶に1割くらい残して注ぎます。

写真

このグラスだとちょっと小さいようで、少し別のグラスに注いで缶の残量を調整していました。

写真

さあ、今度こそ本番です。親指で口をしっかりと隙間なくふさぎます。

写真

そして勢いよくシェイク!

写真

シェイク!シェイク!

写真

まだまだシェイク!

写真


がんばってシェイク!シェイク!


10秒ほどだそうです。

写真

そしてシェイクを止め、親指を離すと、
「ポンッ」という音と一緒に、一瞬水蒸気のようなものが噴出します。

写真

そして先ほどのビールの上に、できあがった泡を静かにかぶせてゆきます。

写真

クリーミーです。

写真

きめ細かくホイップした生クリームを注いでいるみたいです。

写真

デジカメ握ったブロガー達がじりじりとグラスに近づいてきました。

写真

すごい!グラスのふちぴったり! 計算されつくした「シェイク」です!

写真

空になった缶をグラスの隣において

写真

完成です♪

写真


はい、みんなで拍手ぅ~!


写真

近づきすぎですってば、ろんぴさん(笑

写真

近づきすぎですってば、みなさん!
むーさん、そのクールな表情はなんなんですか!(笑

写真

できあがったビールのグラスをとりあげ、いざ賞味!

写真

くぅっ!おいしそうに飲むなあ。

写真

上手に注がれたビールは、飲んで減った泡が、グラスの動きで泡が再生してゆくそうです。

写真

・・・つか、最初より増えてるし!(笑

写真

その後、みんなで順番にビール注ぎ練習で大盛り上がりしました。

+++

こんな感じです。
ぜひご自宅で試してみてください。

ただ、酔っ払う前にやったほうがいいです。
失敗すると、家中がビールの香ばしい香りになってしまいますので。

グッ・ラック!


●関連記事

C-TECバックルーム2:究極のビール続編も必見
怪しいツアー回想録:究極のビールの注ぎ方 最高の週末に最高のビールを!←ここがきっかけ