東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR
東京温泉
東京都内にもたくさんの日帰り温泉があります。週末や会社帰りに立ち寄ってみませんか?
東京かき小屋
冬の旬の味といえば「牡蠣」。都内&近郊の牡蠣小屋で栄養価満点の美味しい牡蠣を食べに!

[川崎] ≪冬季限定≫Kan Style Garden

写真神奈川県川崎市川崎区小川町 4-1 LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)内
03-5956-2806
公式サイト

【場所】JR・京急川崎駅5分
【営業時間】17:00~24:00?(要確認)
【席数】?
【フロア】1階
【期間】冬季(2006/12/23~2007/3/20)
【飲み放題】なし
【中ジョッキ】600円(グラス)
【枝豆】─ 川崎の人気ゾーン「LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)」敷地内にテントを設営し、冬季限定3ヶ月間開催される「ビアガーデン」というか「熱燗ガーデン」。もちろんビールも飲めるし、珍しい“ホットビール”も。
ハイネケンジャパン・白鹿とのコラボでスタジオナガレが企画、巨大ビニールハウスの中は白一色で、ストーブが通路に並んでおり、上着を着ていれば意外に寒さは感じない(12/29大寒波到来の夜に体験済み)。ホットビール、ホットワイン、ホットカクテル、そして日本酒など、“熱燗”ドリンクはいろいろで、料理はかなり本格的。
一角には、ライブ演奏などもできるスペースも用意されていて、今後イベントも企画実施していくとのこと(年末にはニューイヤーズイブイベント「河原塚ユウジJAZZ演奏会」がある)。


▼関連するブログ記事



▼行ってきましたレポート(2006.12.29)

写真

日本列島は29日、冬型の気圧配置が強まり、各地で積雪により交通機関が乱れ、帰省客らが影響を受けた。(Yahoo!ニュース


なぜかこの日は「大寒波到来」。
「こんな日に冬のビアガーデン?」と何人かに首を傾げられながら、超厚着スタイルで向かったのは、川崎の「LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)」。シネコンを中核にした広い商業施設で、ちょっとした街のようになっている人気ゾーン。

写真

さて中心地についたのはいいけど、「Kan Style Garden」のテントってどこ?
地図を見たけど乗っていないし、そもそも「LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)」の公式サイトにもなかったので場所がよくわからない。

先についている高校時代の先輩に電話。
すると、周囲の音でかなり近い場所にいることがわかった。

写真

真後ろを振り返ると、建物と建物の間に白いビニールハウス。
あれだったのか!!!(見ていたのにまったく気づかなかった)

写真

コンセプトは「ビアガーデン」ならぬ、「酒ガーデン」。
寒冷の冬、心理的にも内向するこの季節に、「野外で仲間を酒を飲み交わす」というスタイルは、新しい冬の余暇の過ごし方となると、考えます。
スタジオナガレが提案する空間コンセプトは「雪と月」、雪が良く降る年は豊年になる、と語り継がれているように、寒さが厳しい冬程、大地の恵みが良く育まれ、よりおいしいお酒をつくることができる、といいます。
また、人間誰もが、ぬくもりを感じる光がある場所に集うものです。

雪を敷き詰めたような会場に、巨大なビニールハウスを設置。暖かい光がこぼれる空間で、仲間と語り合う一時をお過ごしいただけます。
こころの芯から温まる熱燗は、日本酒だけではなく、ビールや、ワインもご用意。
ハイネケンジャパンが提供する心地よい音楽にのせて、
温かいコミュニケーションの場となる「Kan Style Garden」にお集まりください。

公式サイトより引用


写真

「Kan Style Garden」の「Kan」は熱燗の「燗」。

写真

ちょっとドキドキしながら入ってみると・・・

写真

中はかなり広いビニールハウス。
入り口にカウンターが設置されている。

写真

座席も面白い。
発砲スチロールのようなもので作られていて、4人席ボックスになっている。

時間帯のせいか、仕事納めの夜だったせいか、大寒波到来の夜だったせいか(←この要素大きいよな、自分も何人か誘って断られたんで)、他は2組(1組は入れ違いででていった)。
どこでも座っていいようだったので、壁側に座ったが、ビニール越しに寒気が伝わってくる。

写真

↑外もビニールの窓越しに見えるようになっている。まだオープン1週間ちょいということで珍しいのだろう。ジャンバー着込んだまま飲んでいる自分たちを、通りすがりの人が珍しそうに見ていた。

写真

寒い日は、内側のテーブルのストーブ近く席というのがお勧めかも。
よく見たら、ストーブも真っ白だったんだな。

これは結構暖かかった。

写真

こんな風に並んでいる。

写真

机は普通だが、椅子は発砲スチロールで作られている。

写真

まずはビールで乾杯!
ハイネケンのグラスも雪マーク付きだ。

実はこれ、「フードスタジアム」読者サービス特典のビール。
もともとこの場所を知ったのが「フードスタジアム」記事だったので(特典は12/30まで)

【読者サービス特典付き】川崎のLA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)内に12月23日、冬季限定の屋外バー&レストラン「KAN STYLE GARDEN」がオープン!本サイト読者限定ドリンクサービス!! (フードスタジアム)

キャンドルもあって雰囲気なかなか。
厚着しているS先輩の、ちょっと寒そうな姿が印象的。

ちなみに自分は「ババシャツ」含め5枚も着込んでいた。
しかも、昔クリスマスを山小屋で過ごすという企画の時に購入した上下なので、むしろ暑いくらい。

その時、一人遅れてくる後輩から電話。

「寒い中ずっと待ってるんだから早くぅ~!!!」
「あ~すみません、走っていきます!!!」

騙したわけでもイジメでもありません。
普通に来たのでは寒くて最初のビールがおいしくないだろう・・・という、先輩の暖かい愛です♪

写真

そして後輩Mが川崎の町を走っている頃、暖かい食べ物が運ばれてきた。
これは「牛の北欧風ビールシチュー」。

牛肉とろんとろんになっていておいしい。
料理は、カウンターの後ろから運ばれてきているので、その向こうに調理場があるみたいだ。かなりしゃれた、本格的なものだ。

写真

私が気に入ったのは、オイルサーディン。
クリームチーズがかかっていた。

写真

そして「ホットビール」初体験!
チェリー味とスパイスも効いていて、いわゆる普通に飲みなれているエールやラガーとは全然違う。

写真

もともとチェリーランビックの甘さが苦手なので「どうかな?」と思ったけど、温かいほうが飲みやすくなる。というかホットワインみたいだ。S先輩(男性)は「俺はだめ」とのこと。後輩のMは気に入っていた。

自分は「一回飲んで満足」というところかな。
かなり好み分かれるところだと思う。

写真

ビールは、チェリー味のベルギービール「リーフマンスグリュークリーク」。
ベルギービール専門のオンラインショップでも購入できる。

楽天市場で「リーフマンス・グリュークリーク」を検索

写真

ネットで買っても600円するので当たり前だが、
ボトル1本(250ml)で1400円と高め。

写真

ホットワインなども一通り飲んだので、熱燗へ。
うーん、やっぱこれがいいなあ。

冬は熱燗に限る♪

写真

写真をブログに掲載してもいいですか?と聞いたことから、スタッフの方とお話ができた。
ビニールテントの一角にはテーブルがない空間があって、今後、ライブ演奏や各種イベントを企画していきたいとのこと。

年末にはカウントダウンイベントもある。
川崎大師とセットで訪れてみるのもよさそげ(予約しておいたほうがよさそげ)。

12月31日カウントダウンイベントと合わせて、JAZZイベントを開催!
河原塚ユウジさんを招いて、2007年へのカウントダウンに向け、心地よいJAZZをお届けいたします。
“熱燗”片手に今年一年に思いを馳せ、来年への夢を語らいましょう。
皆様のお越しをお待ちしております!

★★ニューイヤーズイブイベント「河原塚ユウジJAZZ演奏会」★★

【時間】
第一回:19:00~19:30
第二回:20:00~20:30
KAN STYLE GARDEN公式ブログより引用抜粋)


さらに、スタッフブログを見ると、
店そのものを多目的レンタルスペースとして貸し出ししてるんだとか。

KAN  STYLE GARDEN では店内自体を多目的レンタルスペースとして貸し出しを行っています。
音楽イベント、ジャズコンサート、ダンスイベント、作品展示、または貸切パーティー、忘年会、新年会など多目的に利用可能です!
イベントに合わせ、ドリンク、フードは食べ放題やコース、もちろん通常提供などご相談乗ります。
KAN STYLE GARDENスタッフ公式ブログより引用抜粋)


何人くらい収容できるんだろう?
音楽イベントは、確かに面白そうな気がする。

人がいっぱいになれば、それだけでも結構熱くなりそうだし。

写真

とっても感じよく、元気で楽しげなスタッフの方々。
応援してますので頑張ってください♪

写真

外から見てかなり気づきにくい場所なので(全員、目にしていながら一瞬気づかなかった)、グループで飲みにいく人は、事前にこの写真をメンバーに見せておいたほうが安全。

以上、久しぶりの記事更新は「冬のビアガーデンでホットビール」体験した話でした!