東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR
東京温泉
東京都内にもたくさんの日帰り温泉があります。週末や会社帰りに立ち寄ってみませんか?
東京かき小屋
冬の旬の味といえば「牡蠣」。都内&近郊の牡蠣小屋で栄養価満点の美味しい牡蠣を食べに!

[九段下]緑のビアガーデン(九段会館)

写真03-3261-5521
公式サイト

【場所】地下鉄九段下駅から徒歩1分
【営業時間】17:00~22:00(土日祝~21:00)
【席数】?席
【フロア】屋上(5F相当)
【期間】2006/5/10~9/22
【飲み放題】男性2,100円/女性1,600円(2時間)
【中ジョッキ】580円(Mサイズ)
【枝豆】300円 日本武道館に隣接し、歴史漂う建物の屋上のビアガーデン。一瞬「けっこういい値段するのか?」と思ったら、枝豆300円、焼きそば500円といった、リーズナブルなお値段が妙にうれしい。水曜日はレディースデーで、女性2時間1,100円なんてのもあって嬉しい。
解放感にもあふれた場所だ。すぐ横は皇居のお堀エリア一体になっていて、てっぺんに玉ねぎをのせた日本武道館の屋根が目の前に見え、そのまわりはうっそうとしげった緑。水道橋方面には、そんなに数はないものの、いくつか高いビルがそびえていて、都会の夜景も楽しめる。
名物は「なぜか一人だけ」いるバニーガール。自分が訪れた日は、スタイル抜群で知的な印象のきれいなバニーガールが、愛想よくビールを運んでくれていた。特別料理がおいしい!とかいうことでもないかもしれないけど(ビアガーデンとしては一般的なラインナップだと思う)交通の便もいいし、風も心地よいし、何回でも行きたい場所。


▼関連記事


▼行ってきましたレポート(2006.6.13)

写真

こういうのは荘厳といっていいのかな、まじまじと見るとかなり迫力と貫禄のある建物、九段会館。実はこれまで一度も中に足を踏み入れたことがなかった。「ビアガーデン開催中!美人バニーちゃんが運んでくれるよん♪」みたいなチープな垂れ幕は・・・もちろんない。

写真

ちょっと早くに着いてしまったので、まずは周囲から偵察。どうも、屋根の上に生垣ができているところがあり、そこがビアガーデン会場になっているようだ。既に乾杯が繰り広げられているのか?外から見た限りでは、まったくわからない。

写真

ポスター。毎年テーマがあるようで、今年は「麦酒友達~ビア・フレンズ」とある。

写真

いいなあ、この雰囲気。

写真

中は宴会場がたくさん。
チャペルや神殿もあるそうな。
・・・神殿?
ギリシャ式の結婚式でもやるのか???

写真

エレベーターをでると、そこにはメニューが並んでいる。
月曜日は男性、水曜日は女性の飲み放題が安くなるなど、飲み放題単体のメニューが充実しているのが、ノンベイにはうれしい(時にはこれと枝豆・ナッツだけでいいという人もいるだろう)

写真

ビールは、S/M/Lサイズ。
生ビール(L)が680円だから、4杯以上飲むなら飲み放題にしちゃったほうがいい。

写真

食べ物メニューは、これ、本物を並べているみたいだ。
割と定番の食べ物がたくさんあって、値段もリーズナブルなのが嬉しい。


新商品(5・6月限定メニュー)
ナシゴレン 500円
石焼ビビンバ 1,200円
キムチ鍋 2名様より予約制
お一人様2,100円



なんてのもあるので、公式サイトをチェックしてから行くといいかも。(キムチ鍋は、5月の寒空用なんだろうか・・・)

写真

19時10分前くらいに入ると、既に40人以上の団体さんが宴会中。
もしかしたら、お昼にここの会館内で何かイベントがあった人達なのかもしれない。

この部分は屋根がついているので、雨が降っても大丈夫そうだ(確認し忘れたけど)。

写真

正面には日本武道館。

写真

一瞬、屋根付きのところだけかと思ったけど、左手にはかなり広いエリアが広がっていた。基本的に4人席のテーブルが中心(「焼肉コーナー」という看板のすぐ後ろには、いくつか鉄板付きの丸いテーブルが置かれている/そんなに数はないかもしれない)

写真

水道橋方面はこんな感じ。
高いビルが、点在。

写真

靖国神社の鳥居も見える。
お堀や神社の緑が、うっそうとおいしげっていて、都心にいるとは思えない風景。

風も心地よい。

写真

今回の飲み会は、19時集合で6名だった。
ちょっと早めについたはずなのに、なんと定時には4名がそろっていて、乾杯!

「◎◎は飲み会の時は時間を守る奴だから」

ふむふむ。

九段会館のサービスがいいなあと思ったのは、飲み放題にしているのに、かなり頻繁にスタッフがまわってきて「お飲物のお替りはいかがですか?」と丁寧に聞いてくれること。お客さんの数が少なめだったということもあると思うけど、割と飲み放題だと放置状態になるお店も少なくはないので、対応がさすがだなあと思った。


写真

おかげで、相当飲んじゃいました!

写真

これは、5,000円の「乾杯(洋風おつまみ盛合せ)」。予約する時に注文しておいたものだ。

ちなみに予約時のやりとりがちょっと不思議だった。

「時間かかってしまいますので、先に食べ物も注文しておいていただいたほうが・・・」
「それは・・・コースとかってことですか?」
「いえ、コースじゃなくても結構です。何か今ご覧になっていますか?」
「はい。サイトのほうを拝見していて・・・そうしましたら、枝豆2皿と、ナシゴレンと・・・」
「はい」
「・・・えっと、本当にこんな風に単品注文でいいんですか?」
「ええ」

結局、途中までいくつか単品注文したんだけど、申し訳なくなって5,000円の盛合わせ1つにしてしまった。

事前に電話で単品注文をとるところは初めてで、ちょっと新鮮だった。

ちなみに、せいろの中身はしょうろんぽうみたいな奴だった。
盛合わせメニューは、他の単品が割りと安いことを考えるとお得感はないけど、6人くらいいれば、ひとつ頼んでしまっても気楽でよさそげ。

写真

そして、バニーちゃんの後姿。
本当はアップでも一枚写真を撮ったんだけど、許可なしアップはやっぱまずい気がしたのでやめておく。

スタイル抜群、知的美人、そしてとっても愛想のいいバニーガールで、話しかけると、迷惑がらずにちゃんと対応してくれる。

「一人だけなんですか?」
「ええ、今日は私だけなんです」

「寒くないですか?」
「はい、大丈夫ですよ」

一緒に記念撮影をお願いしたら、それもOKだった。

結構頻繁にまわってくれるので、ついついバニーちゃんに注文しちゃったり。

どうして1人だけいるのかわからないけど、まあ、わさわさいてもどうかと思うので、きっと「一人だけ」いるあたりが味噌なのかもしれない。

写真

だんだん暗くなってゆく中、話もはずむ。
追加で頼んだのは、枝豆やチーズ&サラミなど。割と最初の盛合わせでもおなかはいっぱいになった。

お会計は、6人(男性5人/女性1人)で飲み放題にして、あと盛り合わせ、おつまみ単品いくつかの注文で、19,000円ちょっと。一人当たり3,000円前後。

このくらいのお値段でこれだけ楽しめたら、いいよ、ここ!
・・・ってことで、2連荘になっちゃうけど、今晩も友人(♀)2人と行ってきます♪