東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

ホテルニューオータニのプールサイドビアガーデンGW期間中オープン

写真

長い人で9連休となる2017年のゴールデンウィーク。渋滞で疲弊するのは嫌という人は都心のホテルのプールを楽しむなんていうのはどうだろう。

ホテルニューオータニでは4月29日からプール営業を開始(GW期間中は5/7まで)。さらにそのプールサイドではビアガーデンも開催される。

●日時 2017年4月28日(金)12:00~
●場所 ホテルニューオータニ「プールサイドレストラン アウトリガー」

その前日にプレス向け公開が行われていることを知り、日差しが痛いほどの暑さとなった28日昼間、偵察に行ってきた。

写真

実は入るの初めてのニューオータニ。
中には見事な日本庭園。

写真を撮りながら散策する外国人の姿や、結婚式の記念写真を撮る新郎新婦も。

写真

ガーデンプールはその隣にある。
一日利用の場合、プール入場料は大人ひとり7,000円。宿泊客は2,000円。

ビアガーデンだけの利用ならプール入場料は不要だ。

写真

大きなヤシの木もそびえたつ広いプール。
背後には日本庭園の一角を形成する竹林も。

真夏のような入道雲がもくもく沸き立つ空を見上げると、まだ4月ということが不思議に感じるほど。

写真

プレオープン日は、ホテルの倶楽部会員の人たちなどが招待されてきていたそうで、小さな子供連れも何組か。気温も高く絶好のプール日和だ。

写真

写真

気持ちよさそう~!!!

写真

写真

プールサイドのちょっと高台には、1日1万円の特別なサマーベッドエリアもある。

写真

さらにその隣にあるコテージ。

写真

こちらは1棟限定のプライベートコテージで、利用料金は50,000円。

写真

中はかなり広く、両サイド開け放って使うもよし、レースのカーテンや厚手のカーテンを閉めればプライベートな空間にもなる。

写真

ラグジュアリーだなあ。
ちなみに有料のサマーベッドエリアもコテージも、シャンパン含むドリンクサービス付きだ。

写真

ホテルプールに魅せられてうっかり本来の来訪目的を忘れるところだったが、肝心なのはビアガーデン。

プールから階段を上がった細長いテラス席が会場だ。
ビニールの屋根も設置されている。

写真

時間はちょうどお昼時。
午前中少し泳いだ人たちなのだろう。水着の上に白いガウンをはおって食事を始めていた。

写真

メニュー。

写真

料理はホテル内レストラン「トレーダーヴィックス」のメニュー一部を少しプール用にアレンジ加えたもの。

メインディッシュは「アウトリガーバーガー(3,400円)」から「たこ焼き(1,200円)」までいろいろ。

写真

ビールはプレミアムモルツ。
他にモヒートやブルーハワイなど、夏のビーチで人気のカクテルも各種用意されている。

写真

ビールにあいそうなのはボリューム満点の「アイランドスペアリブ(3本/2,400円)」。

写真

プールに乾杯!!!
・・・と持ち上げてみてびっくり。どこからどう見ても立派なガラスのジョッキなのだが、実はプラスチックで軽かった。プールサイドということで安全のためガラスは不可なのだろう。

写真

女性同士で来ている方も多かった。
ちょっと贅沢なアーバントリップだ。

写真

アイランドスペアリブは、とろけるような柔らかさ。
程よい味付けで肉本来の味を堪能できる。

写真

さらに巨大ハンバーガー。

写真

肉のパテはいわゆるひき肉パテではなく、むしろ砕いたステーキといった感じ。パンズやアボカドと一緒にばくばく食べてしまうのはもったいなく、切り分けて食べようかとも思ったが、せっかくなので大口開いていただいた。

いやー、なんたる贅沢体験!

写真

今年の連休は前半も後半も天気に恵まれそうな予報。
特に予定がない人なら、ホテルニューオータニのプールそしてビアガーデンで、アーバントリップなんてのもいかがだろう。

●「ホテルニューオータニ「プールサイドレストラン アウトリガー」の詳細はこちら

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田