東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

好きな場所で軽く一杯よなよなエール「オモハラビアフォレスト by YONA YONA BEER WORKS」

写真

仕事で必要となった写真を撮りに、原宿の「オモハラビアフォレスト」へ。JR原宿駅もしくは東京メトロ明治神宮前駅からすぐ、交差点に立つ東急プラザ表参道原宿の屋上テラス「おもはらの森」だ。

●日時 2017年7月3日(月)18:00~
●場所 OMOHARA BEER FOREST(オモハラビアフォレスト)by YONA YONA BEER WORKS

原宿はごくたまにしか来ないが、外国人観光客の数が急増していてまるで日本じゃないよう。
迷子の外国人が道を聞く相手もやはり外国人。
きっと日本人らしき人に聞くより確実なのかもしれない。
(日本人も遠方から来ている人が結構多い)

写真

エレベーターで屋上階まであがると、すぐ目の前が屋上テラス「おもはらの森」への出口となっている。このフロアには他にスターバックスもあり、結構にぎわっていた。

写真

真ん中に大きな植え込みがあり、そこがまるで盆踊り会場のよう。紅白テープまかれた骨組みにたくさんの祭り提灯。

その周辺がカウンター席になっていて、ビールを飲んでいる人たちも。ただ席はほぼ埋まっていたかな。

写真

でも問題なし。
というのも、周辺が階段状になっていて、どこでも好きな場所に座れるようになっているから。

写真

気になる人は下に敷くシートでも持参すればいいだろう。六角形を組み合わせたウッドデッキステップとでもいう感じで、カップルや外国人グループが座ってのんびりビールを飲んでいる。

なんともオープンな場所だ。

写真

階段をあがった上にもスペースがある。
こちらもたくさんの樹が植えられており、ちょっとした公園のようになっている。

一人用のキューブ型の椅子やベンチなどが点在。
どれもこじゃれたデザインのものだ。

写真

人気が高くてなかなか空かないが、こんなサマーベッドで昼寝することもできる。

夕焼け時は真っ赤に染まる空もここから眺めることができる。
原宿の街並みをここから見下ろして撮影しようとあがってきている外国人旅行者もいるようだ。

写真

こんな金属製のベンチも。

写真

ビールはヤッホーブルーイングで、「よなよなエール」の他、「水曜日のネコ」「インドの青鬼」なども飲める。
どれも一杯700円。

写真

料理はそれらクラフトビールとの相性がいいものが揃っているとのこと。

・ローストチキン 1,500円
・ジャンボソーセージ(1pc) 600円
・牛カルビライスバーガー 600円
・パクチー海老焼きそば 800円
・果汁たっぷりアイス 400円
・和風スティックドーナツ 400円
・祭りセット
(枝豆、ポテト、揚げたこ焼き、チキン) 1,500円
・宴コース ※要予約
(祭りセット+夏野菜、ソーセージ、焼きそば) 3,500円

平日は16:00~22:00、土日祝は12:00~22:00まで営業しているので、買い物帰りにちょっと立ち寄ってみたり、あるいは誰かとのんびりおしゃべりしながら週末の午後を過ごしたりしてもよさそげだ。

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧