東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

2017年は「4月開始」増加!?サントリー本社屋上も4月26日オープン

20170405_02.jpg

「ビアガーデンは夏季限定」

なんて思ったら大間違い。ここ数年、ビアガーデンの営業開始がどんどん早まっており早いところでは3月下旬からスタートしています。年々オープンを前倒しにしているお店も多いのですが、大阪を代表する昭和の古き良きビアガーデン「サントリー屋上ビアガーデン」もそのひとつ。昨日配信されたリリースによると、今年はGW前の4月26日から営業を開始するそうです。

「サントリー屋上ビアガーデン」(大阪市北区)は、4月26日(水)から9月22日(金)まで期間限定でオープンします。 当ビアガーデンは、サントリー本社ビルが完成した1971年(昭和46年)から営業を開始しました。大阪のオフィス街の中にあって、緑の植え込みを周囲にあしらったガーデンテラス風のビアガーデンとして45年以上にわたり親しまれています。(サントリーニュースリリースから引用

おそらく4月オープンは初めてのことではないでしょうか。
ここ数年のオープン日は下記の通りです。

2013年5月22日(リリース
2014年5月15日(リリース
2015年5月15日(リリース
2016年5月06日(リリース
2017年4月26日(リリース

ビアガーデン開始時期が年々早くなっているという事実、これだけ見てもきっとおわかりいただけるでしょう。

ビアガーデンのベストシーズンは梅雨入り前の5月、もしくは梅雨の合間狙いの6月から7月頭という声もあります。梅雨が明けると人気ビアガーデンは予約を取るのも難しくなりますし、7月下旬以降は正直、暑すぎます。都心は夜になっても気温があまり下がらないところも多いので。

そんなわけで、「5月はまだビアガーデン気分じゃないよ」という方がいたら、ものは試し。初夏のビアガーデンも体験してみてください。さほど混みあっていないので人気店も予約せず入れますし、天気のいい日の夜は風も爽快です。

20170405_01.jpgのサムネイル画像

ところで話は戻って、サントリー屋上ビアガーデン。
時期が早まったこと以外に、もうひとつ注目すべきはドリンクの価格。

ザ・プレミアム・モルツ 小400ml 580円
ザ・プレミアム・モルツ 中700ml 950円

「ええっ、中ジョッキ950円もするの!?」

と驚いた方もいるかと思いますが、量を見て下さい。
昨今、400mlといえば世間では「中ジョッキ」です。

サントリーはいつから「400ml」を「小」と呼ぶようになったんでしょう。

実際、昨年2016年のニュースリリースを見ると・・・

ザ・プレミアム・モルツ 中ジョッキ 580円

とあります。
おそらく量は400mlで、価格変更ではないのでしょう。

それではなぜ「中ジョッキ」を「小」と変更したのでしょうか。
「小と中」だと「中」を選ぶ人が多くなるだろうということなのか、それとも昭和時代のサイズ感に戻そうとしているのか(昭和時代は全体的にジョッキ大きかった説も)。

習慣で「生中ひとつ!」とオーダーしてしまう人が増えそうでちょっと心配ですが、個人的にはまあ、中ジョッキサイズなんて割とすぐ飲み干してしまう人間でもあるので、ちょっとお得な「700ml」が「大」ではなく「中」だと心理的に注文しやすくていいかなとも。

みなさんはどちらを注文しますか?

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田