東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

[番外編] 今年のプレモル泡サーバは一台ニ役でアウトドアにも使える!

写真

これ欲しさに夏はプレモル飲みまくる人もいるという、サントリーの「超クリーミー泡2WAYサーバー」。120点、つまり330ml缶を120本飲めば必ずもらえる。

●サントリー ザ・プレミアム・モルツ キャンペーン

ちなみに120本ということは24本入り5ケース。
Amaonで注文すると・・・

Amazon直接販売で送料込み5,065円なので、5ケースで税込25,325円。

Amazonのビールカテゴリ売上1位になっているのは、製造後5日以内出荷の「出来たてザ・プレミアム・モルツ」で、こちらはなぜかさらに安く5,013円となっている。

発売予定日は2016年8月8日だが、キャンペーン締切は8月22日なので間に合うはず。

写真

【amadana社監修】 ビールサーバー ザ・プレミアム・モルツ 超クリーミー泡2WAYサーバー

そんな毎年大人気のプレモル泡サーバーを、今年もモニター貸与してもらった。

昨年の記事はこれだ。

●自宅でビアガーデン!Amazonでプレモル5箱買うと缶専用サーバがもれなくもらえる!

昨年のサーバは、今年Amazonで購入も可能。


最新版 2015年版 プレミアムモルツ 最新型!超クリーミー泡サーバー(缶専用) amadana社監修 (2015年)
4,500円(通常送料無料)

でも買うなら間違いなくバージョンアップしたこちらだろう。


【amadana社監修】 ビールサーバー ザ・プレミアム・モルツ 超クリーミー泡2WAYサーバー
3,550円(通常送料無料)

まずは動画で。

▼プレモル120点で全プレ「超クリーミー泡2WAYサーバー」2016年版(2分2秒)

写真

同梱の説明書には、ちょっと小さめの専用袋。
これアウトドア持ち出し用。

写真

そう、今年の最新型サーバーは、上部だけ取り外して缶に直接取り付けて使えるのだ。これなら小さいし場所もとらないから、ビーチやキャンプに持っていける。

写真

使い方はこんな感じ。
缶は330ml、350ml、500ml缶に対応している。

写真

大きさはこのくらい。
中は空洞なので、実はとっても軽い。

写真

上部を取り外して・・・

写真

ここに単三電池を2本挿入。

写真

さらに胴体部分と下部もわかれる。
ここは缶を挿入する部分で、中にはチューブ洗浄用の透明プラスチックカップが入っていた。

お店のビールサーバーもそうだけど、使い終わったら都度洗浄が必要。そうしないとチューブが詰まってしまうし、次に使う時に非衛生的な状況になってしまい、おそらくひどい味になる。

まあ洗浄といっても、このカップに水入れて、通常のビールを注ぐ時同様、グラスに出せばいいだけなので一瞬で終わる。

▼「超クリーミー泡2WAYサーバー」2016年版 <卓上サーバー編>(1分8秒)

さっそく入れてみた。

写真

この泡サーバーを使うと、細かくて唇あたりもいいクリーミーな泡がふわっとまさにホイップクリーム状態でのっかる。

「いやー、週末キャンプに持っていきたい!」
「何言ってるの、これ以上増やさないで!」

的な家庭内騒動がどこかであったかどうかは不明だが、きっと夏は外に持ち出したいニーズも強かったのだろう。

乾電池式なので持っていけなくはないか、さすがにちと大きい。

写真

そんなわけで、ここからが今年の泡サーバーのすごいところ。
取り外した上部に・・・

写真

専用のアタッチメントを取り付ける。

写真

こんな感じ。
これだけあればもう、クリーミー泡サーバとしての役割を十分に果たしてくれる。

そこは動画で見てもらおう。

▼「超クリーミー泡2WAYサーバー」2016年版 <ハンディサーバー編>(1分21秒)

写真

見事完成!

泡を出さずに普通に注ぐ時は何もせずそのまま注ぎ口からグラスへ。最後泡を入れる時だけ上部のハンドルを倒す。

写真

普通に注ぐ時は、缶直接のほうが注ぎやすいし無駄な泡も出さずに済むと思うので、最初缶からそのまま注いで、泡注入の時だけクリーミー泡サーバを取り付けたほうがいいかもしれない。

あるいは複数人いるなら、1缶だけ「泡専用」にしちゃうのもありだ。

写真

もちろん、普通のモルツ缶でもできる。

写真

きめ細かい泡♪

写真

アタッチメントは、はめるときは注ぎ口だけ位置合わせしてそのまま押し込めば、缶上部の縁にしっかり固定される。

外す時には後方のレバーを倒せば、外れるようになっている。白いやや柔らかい部分がパッキンの役割を果たしていると思うが、漏れることもなくきれいに注げる。

ただし注ぎ口をずらしてしまうと通常注ぎの時に泡が混じってしまう。あと残り少なくなった時にかなり傾けないと出てこなくなる。

写真

アタッチメントを外すと、注ぎ口のすぐ手前に丸い金属板が埋め込まれている。ここから電気による振動を加え、ビールを細かい泡に返るのだろう。

写真

正直な話、一度これ使うと多くの人が同じ感想を持つと思う。

「上部だけ欲しい」

  • 缶への取り付けも取り外しも簡単
  • いちいちサーバの中に缶を入れる作業必要なし
  • チューブないから洗うのも楽
  • 泡は全く同じようにクリーミーに入る
  • 小さくて持ち歩き楽

自宅で使う場合も、これ取り付けた缶をテーブルの上に置いておけば、泡だけそこから注入すればいいので、席いちいち立ち上がる必要もなくなり、本当に楽だと思う。

写真

そんなわけで大幅パワーアップした「超クリーミー泡2WAYサーバー」。プレモル5ケースで必ずもらえるので、自宅でもバーで入れてくれるような美味しいビールが飲みたい!という方はぜひ。

●サントリー ザ・プレミアム・モルツ キャンペーン

写真

最後、返却時に気付いたんだけど、パーツがもうひとつありました。

写真

サーバーとして使う時には、これ必要でした。
どうも短いなあと思ってたんだよね。

製造後5日以内出荷の「出来たてザ・プレミアム・モルツ」予約受付は8月3日まで。

▼プレモル120点で全プレ「超クリーミー泡2WAYサーバー」2016年版(2分2秒)

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田