東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク

夏に乗りたい「ビール列車」、東京近郊ではどこ?

20150703_02m.jpg

夏の企画列車として、日本各地で毎年7~8月に走る「ビール列車」。あらかじめ決まった区間に特別仕立ての列車を走らせ、中で缶ビール飲み放題にするというものが多い。

走る列車の車窓風景を楽しみつつ、乗り合わせた違うグループの人達とも乾杯し盛り上がれるのが醍醐味だ。

ビール列車というと、1984年にスタートした大井川鐵道の「ビール列車」が有名だが、東京近郊ではどこで乗れるだろうか?


関東鉄道常総線「関鉄ビール列車」(茨城・取手⇔下妻)

画面

●関東鉄道「関鉄ビール列車」

7月・8月の土日に計6回開催され、料金は大人一人4,000円。
ビール工場見学を含み日もある。
区間は取手駅と下妻駅の間で、回によって異なる。

現在募集中の8月の回は、取手駅14:23発で下妻駅に50分ほど滞在した後再び取手駅に向かい17:22着。取手は東京から常磐線快速で約50分だ。のどかな水田風景も堪能できる路線。

<関連記事>大好評!!関東鉄道常総線のビール列車(しもつまnavi)


西武鉄道「ヱビスビール特急」(東京・西武新宿→東村山/池袋→所沢)

画面

●西武鉄道「ヱビスビール特急」

西武鉄道100年アニバーサリー記念企画として、8/25(火)・27(木)の2日のみ開催。帰宅時間帯の特急車内に生ビールサーバーを設置し、ヱビスビール生を提供。

25日が西武新宿線、27日が西武池袋線。
お座敷列車的なものではないが、いつもの通勤ルートでビール飲み放題という特別な体験ができるだろう。


伊豆箱根鉄道「ハイリキ電車」(静岡・三島⇔修善寺)

画面

●伊豆箱根鉄道「ハイリキ電車」

7月3日(金)一日限りのイベントで、伊豆で誕生した缶チューハイの草分け的存在「ハイリキ」を飲みながら三島・修善寺間を一往復するというもの。ハイリキ以外にビール、焼酎なども用意され、特製のおつまみ弁当も。

この企画とは別に、毎年夏にビール列車の運行もあるとのことなので、気になる方は公式サイトを要チェック。


多摩モノレール「ビール列車2015」(東京・上北台駅→多摩センター駅→立川北駅)

画面

●多摩モノレール「ビール列車2015」

8月22日(土)一日限りのイベントで、モノレール内で飲める生ビールは、ザ・プレミアム・モルツの「薫るプレミアム」の模様。

申込は先着順ではなく、応募者の中から抽選で選ばれる。

東京郊外の高い軌道上を走るモノレールなので、車窓風景も一般の列車と違って楽しめそう。


執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧