東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

"ビアガーデン=夏"はもう古い!? 3~4月OPENの「春ビアガーデン」

お気付きの方もいらっしゃるでしょう。ビアガーデンが「夏の風物詩」だけだった時代は終わり、今や桜が満開の頃にはいくつかのビアガーデンが先陣を切って営業スタートしています。

当サイトの更新も、以前なら「4月下旬あたりからぼちぼち」始めればよかったのですが、完全に一か月早まりました。数年後には「本日は降雪につきビアガーデン営業休止」なんてお知らせも届くのでは!?

今回は3月&4月には営業開始しているビアガーデンのご案内です。

分厚い肉をBBQで~花やしきBBQガーデン

写真

●期間:2017/03/01~12月下旬
●最寄駅:地下鉄銀座線他浅草駅から徒歩8分

真冬以外はほとんど営業しているのが、浅草の名物遊園地「花やしき」の中で開催されているビアガーデンです。施設内の一角にあり、全面屋根がついているので雨天でもOK。びっくりするような厚みの肉やウインナーをバーベキューでいただくすたいるで、家族で訪れても楽しめるでしょう。

もちろん遊園地の営業時間内なら、別途チケットを購入して遊園地のアトラクションで遊ぶことも。昭和レトロな遊園地の雰囲気は歩いているだけで童心にかえってワクワクするもの。ビアガーデン+遊園地、さらには浅草観光や隅田川遊覧船など組み合わせて盛りだくさんにしても。

桜の咲いている時期なら、隅田川公園の花見やお花見クルーズとセットもおすすめです。


東京タワーハイボールガーデンルーフトップジンギスカン

写真

●期間:2017/04/07~10/06
●最寄駅:地下鉄赤羽橋駅・御成門駅・神谷町駅徒歩5~7分

東京タワーの真下にある「フットタウン」屋上で毎年開催されている食べ飲み放題のビアガーデン。運営がマザー牧場なので、ここでいただけるのもマザー牧場名物のジンギスカン。お肉は羊だけでなく豚や牛もあり、どれも美味しい。飲物も炭酸がよくきいたハイボールにビール、ソフトドリンクなど充実しています。

見上げればオレンジ色に輝く東京タワーということで、大人数の宴会も盛り上がります。2017年も4月上旬からスタートしますので、増上寺や芝公園の夜桜見物かねて訪れてみてもよさそげです。


ふらり一人飲みも♪ 東京ドームシティ「風と緑のビアガーデン」

写真

●期間:2017/03/23~10/06
●最寄駅:JR水道橋駅3分/地下鉄後楽園駅・春日駅・水道橋駅数分

東京ドームシティの一角にあり、目の前にライトアップされた東京ドームや後楽園の施設が展開し、地上ながらに風景も楽しめるビアガーデン。毎年3月下旬にオープンしています。

ドリンクやメニューを都度購入してテーブルに運ぶセルフ方式なので、ひとりで軽く一杯という時にも使えます。時期曜日によって営業時間も変わるので、訪れる際には必ず公式サイトをご確認ください。初夏になると食べ飲み放題コースが例年始まります。


夏場は予約困難な人気店~神楽坂スタジオーネ「神楽坂屋上ビアガーデン」

写真

●期間:2017/03/27?10月予定
●最寄駅:JR飯田橋駅徒歩4分

神楽坂の風情ある路地裏にある「神楽坂 スタジオーネ」の屋上で開催される人気ビアガーデン。落ち着いた空間で本格イタリアンが食べられるとあり人気で、席数が20席しかないこともあり、夏場は予約がとれなくなるお店です。

数年前から雨天でも営業できるよう開閉式のビニールの囲い・屋根を設置しています。なので狙い目はむしろ真夏より4月から6月、あるいは8月下旬以降。その時期でも予約いっぱいになってしまうことはあるので、日にちは早めに決めて予約をしちゃいましょう。公式サイトに予約人数の制限など注意事項が書かれていますので、予約の際には面倒がらずにちゃんと読んでから。


+++


例年4月&5月オープンのビアガーデン一覧はこちらです。

●4~5月オープン

現時点(4/6)では今年の営業情報未確認のところが大半ですが、情報収集してアップデートしていきます。4月オープンのビアガーデンは屋外用暖房施設などを設置しているところも多く、しっかり重ね着して暖かい恰好をしていけば実は意外に快適です。

人もあまりおらず開放感、時に「ほぼ貸切優越感」も味わえる春のビアガーデン。
是非一度ご体験ください。

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田