東京ビアガーデン情報館<2017年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

雨天OK!梅雨時も安心!屋根ありビアガーデン

広大な夜空の下、心地良い自然の風を感じながら美味しいビールを飲むのがビアガーデンの醍醐味。だけどもし雨が降っちゃったら・・・。梅雨時は天気が心配で、なかなかビアガーデンに行く計画を立てられないという人も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫!

屋外だけど屋根ありテラスだったり、開閉式のビニール屋根設置で雨天でも営業するお店が増えています。

雨天中止の心配がない「雨天OKビアガーデン」をご紹介します。
<注:前年以前の営業情報がベースです/今年度は変更となる可能性があります>


大手町駅直結!天空のビアガーデン「Terrasse」

写真

●期間:2017/05/01~09/30
●最寄駅:JR東京駅徒歩7分/地下鉄大手町駅直結

東京駅・大手町駅から雨に濡れることなく辿り着ける東京サンケイビル4Fで開催されるテラスビアガーデンです。テラス上部はひさしになっていてほぼ全面が屋根あり状態のため、雨天でも営業となります(柵近くは雨が吹き込む可能性あるため、建物よりのテーブルで営業)。

スタートも早く、2017年は5月1日から。
2時間飲み放題込4,800円のコースのみとなっており、お食事メニューも毎年テーマを変えて考案した凝って内容。ビールはよなよなエールも飲み放題と充実の内容なので、女子会などにもおススメですし、場所も非常に便利なので、歓送迎会や接待などで使ってもいいでしょう。


夏場は予約困難な人気店~神楽坂屋上ビアガーデン

写真

●期間:2017/03/27?10月予定
●最寄駅:JR飯田橋駅徒歩4分

神楽坂の風情ある路地裏にある「神楽坂 スタジオーネ」の屋上で開催される人気ビアガーデン。落ち着いた空間で本格イタリアンが食べられるとあり人気で、席数が20席しかないこともあり、夏場は予約がとれなくなるお店です。

数年前から雨天でも営業できるよう開閉式のビニールの囲い・屋根を設置しています。なので狙い目はむしろ真夏より4月から6月、あるいは8月下旬以降。その時期でも予約いっぱいになってしまうことはあるので、日にちは早めに決めて予約をしちゃいましょう。公式サイトに予約人数の制限など注意事項が書かれていますので、予約の際には面倒がらずにちゃんと読んでから。


歌舞伎町のエキゾチック空間~天空の街~新宿アジア横丁

写真

●期間:通年営業
●最寄駅:JR新宿駅7分

アジア最大級の歓楽街の異名ももつ新宿・歌舞伎町。そのど真ん中にあるビル屋上で通年営業されているエスニックな屋台村です。初めて訪れると日本とは思えないそのエキゾチックな空間に驚くはず。ひとつの店舗ではなく、複数の店舗が軒を並べており、他の店からも現金払いで料理を買って持ってくることができるので、いろいろな国の料理を楽しめます。

ビールの種類も多く、見たことのない料理もいろいろ。
コース料理は、飲み放題付でかなりリーズナブルなプランもあるので、事前に各店舗の公式サイトやぐるなびページをチェックしてから行くといいと思います。昼飲みもでき、かつ深夜まで営業している店が多いので、0次会・2~3次会での利用も。

屋上ですが、ビニールの開閉式屋根がついていて、また各店舗に屋根付きスペースがあるので、雨天でも営業しています。


雨でも東京湾上はヒートアップ!~東京湾納涼船

写真

●期間:2017年未確認(2016/07/01~10/10)
●最寄駅:JR浜松町駅7分、ゆりかもめ竹芝駅1分

ビアガーデンとは違いますが、梅雨時に「いつもと違う場所で飲んで盛り上がりたい」ということならいちおしはやはり「東京湾納涼船」。雨天時はトップデッキが閉鎖となってしまいますが、その下のデッキは屋根もあるので問題なし。ビールもサワーもソフトドリンクも飲み放題で2,600円(2016年)という乗船料は、本当にお得だと思います。

一度、激しい豪雨の時に乗船したことがありますが、むしろ船内はヒートアップ。横殴りの雨越しに東京ベイエリアの夜景を見ながら船上で飲んでいるという非日常感はなかなか新鮮で楽しいものです。

梅雨明け前の7月前半なら当日券がある可能性も高いので、「ビアガーデン飲み会が雨で流れた時の代替案」として頭に入れておいてもいいのではないでしょうか。


緑に囲まれた都心オアシス~Beer Terrace 1949 HIBIYASAROH(日比谷サロー)

写真

●期間:通年営業
●最寄駅:JR有楽町駅徒歩5分/地下鉄日比谷駅・霞が関駅・銀座駅より徒歩2~5分

日比谷公園の中にある通年営業のビアテラスで、まわりをぐるり緑に囲まれ、都心にいることを忘れてしまうようなロケーション。そして多種クラフトビールに美味しいお料理。そんなわけで当然高い人気を誇り、ピーク時は予約がとれなくなることも多々あります。

屋根はなくパラソルだけなのですが、そのパラソルが非常に大きいため、雨天でも基本的に営業します(強風・台風はクローズもあり)。平日昼間も営業しているので、お仕事が休みの平日があれば、好きなクラフトビールを飲みながらのんびりすることも。とにかく心地良い場所です。


+++


他にも、雨天OKなビアガーデンはたくさんあります。
ただ「一部だけ屋根がある」「大雨の予報の時には営業全面中止」など、お店によってまちまちです。

「途中で小雨が降ってきても大丈夫な席かどうか」
「雨天中止になる際はいつ時点で連絡がもらえるのか」
「雨天時に店内利用は可能か」

お店予約の際にはしっかり確認をしておきましょう。

また大人数のグループでビアガーデンに行く場合には、雨天で予定変更時の速やかな連絡方法をあらかじめ決めておくことも大事です。3日前にはある程度精度の高い天気予報が出ていると思いますので、忘れずチェックしましょう。

●雨天OKなビアガーデン(屋根あり席・テントありなど)

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧